コレステロール値を下げる薬で痩せる?

コレステロール値を下げる薬で痩せるってホント? サラサラ部長が解説!

コレステロールの薬

 

サラサラ部長

 

コレステロール値が高いと生活習慣病のリスクも高くなってしまいます。

 

なかなか自分では改善できない場合もあり、こんな時にコレステロールを下げる薬を服用される方もいますよね。

 

なかにはダイエットとして飲む人もいるようですが、コレステロールを下げる薬で痩せることができるのか?早速詳しくご説明しましょう。


コレステロール値を下げる薬の仕組み

サラサラ部長

 

コレステロールを下げる薬として「スタチン系」と呼ばれるものがあります。

 

高脂血症の病気の治療として使用されていますが、この薬は肝臓で脂質を分解する際にコレステロールの合成を抑制する働きをします。

 

しかし、脂肪燃焼を促進、または摂取したカロリーを減らすものではありませんので、ダイエット効果を期待することはできません。

 

また同様にコレステロール値を下げる薬として「ゼチーア」がありますが、この薬は食事で摂取するコレステロールの吸収を抑制する働きがあります。

 

こちらは、日頃から油っぽい食べ物などを多く摂る人には、それほど効果がでないともいわれています。


 

コレステロール値を下げる薬でダイエットは危険

サラサラ部長

 

コレステロールは体に悪いもの、というイメージが定着していますが、一定基準の量はホルモンの働きや細胞膜を生成するために必要です。

 

多すぎても困りますが少なくても病気のリスクを高める厄介ものなのです。

 

そのためコレステロール値を下げる薬を飲んでダイエットすることは大変危険で、ダイエット効果がないだけでなく体の負担になってしまいます。

 

ダイエットをするとコレステロール値が下がると思われていますが、必ずしも比例するものではありません。

 

急激なダイエットはストレスが溜まり、自律神経を不安定にして逆にコレステロール値を高くする原因になってしまいます。


 

コレステロールを下げる薬の副作用

サラサラ部長

 

病院で処方されるコレステロール値を下げる薬は、飲み方や量などが厳格に決められています。

 

正しく処方するためには医師の指導が必要になり、もし過剰摂取した場合は副作用の心配があります。

 

その症状のひとつに肝機能障害があり、肝臓機能がうまく活動せず最悪の場合は肝硬変になる可能性もあるのです。

 

ほかにも末端神経障害と呼ばれるものは、手足の力が入らない、またピリピリ痛みが続く、さらに自律神経障害による手足の冷えなども起こる可能性があります。

 

コレステロール値を下げる薬はあくまでもそのために飲むものですから、ダイエットなど別の目的で服用することは危険です。

 

コレステロールを下げながらダイエットするには、食生活の見直しや運動が大切ですね。


 

健康診断でコレステロール数値がやばい・・・!
そんなときはサラサラ部長の⇒血液サラサラサプリランキングをチェック!