総コレステロールが低い!改善する方法とは?

総コレステロールが低い!改善する方法とは? サラサラ部長が解説!

総コレステロールが低い

 

サラサラ部長

 

コレステロールと聞くと「値が高いので注意しましょう」というケースが多いですが、実は値が低いということもあります。

 

コレステロールは高すぎても低すぎても健康に被害が出る可能性があるのです。

 

ここでは、総コレステロールの低い方の改善点などについてご紹介します。


そもそもコレステロールってなに?

サラサラ部長

 

コレステロールと聞くと、健康に悪いイメージを持たれる方も多いですが、実は生命を維持するために必要な栄養素の1つでもあります。

 

コレステロールの役割は主に3つで、"細胞膜を作るために必要"、"胆汁酸やホルモンの材料"、"脳内の神経伝達物質に使われる"となっています。

 

なお、人間の身体の中で循環しているコレステロールのおよそ半分は血液中を流れています。

 

コレステロールは、免疫機能やホルモン分泌、そして脳が正常に機能するために不可欠なものであるといえます。


 

コレステロールの種類

サラサラ部長

 

コレステロールといっても主に2つの種類があります。それは善玉コレステロールと悪玉コレステロールです。

 

善玉コレステロールは、血管に溜まっている悪玉コレステロールを取り込んで、肝臓に吸収されるような働きをします。

 

そして肝臓に戻されたコレステロールは、各種ホルモンや胆汁酸の材料となり、動脈硬化・脳梗塞のリスクを下げる働きがあります。

 

悪玉コレステロールは、血液中で増えすぎてしまうと血管を詰まりやすくさせてしまい、血管の壁をもろくしたり塞いでしまう原因となります。

 

つまり、邪魔者扱いされるコレステロールですが、"コレステロール=悪"ではないという事ですね。


 

総コレステロールが低いとどうなる?

サラサラ部長

 

総コレステロールは、高すぎても低すぎても健康に悪影響を及ぼします。

 

コレステロールは細胞などの材料ともなるので、それが不足してしまうことで脳出血やガンのリスクが高まる可能性があります。

 

そして、肝機能障害のリスクも上がります。

 

肝機能が衰えることによって懸念される病気には肝炎、肝硬変といったものがあります。

 

その他、甲状腺機能亢進症といった代謝を正常に保つ機能に障害が起きてしまう病気のリスクも上げてしまう可能性があります。

 

いずれの病気も、日常生活を営む上で困難が生じやすくなるため危険です。


 

総コレステロールが低い場合の対処法とは?

サラサラ部長

 

コレステロールが高い人は、総じて血圧も高い傾向にあります。

 

血圧を下げる薬はありますが、コレステロールを上げる薬はありません。

 

したがって、基本的には食事による対処が必要となります。

 

まずはレバーや卵といったコレステロールが豊富に含まれている食材を多く摂るように心がけることです。

 

中性脂肪も低いと言われている人の場合には、炭水化物や甘いものを摂るのも効果的です。

 

すぐにエネルギーになるバナナも簡単に食べられるのでオススメの食材です。

 

さらに貧血気味の人は、緑黄色野菜や赤身の肉なども摂ると良いでしょう。