血管を丈夫にするにはどうすれば?

血管を丈夫にするにはどうすれば? サラサラ部長が解説!

毛細血管

 

サラサラ部長

 

血管を丈夫にすることは、脳出血などの重大な病気の発症確率を低くすることに繋がります。

 

常に心臓から勢い良く血液が送り出されていますので、特別な状態じゃなくとも日常的に血管は傷つきやすい状態にあるのです。

 

そんな血管を丈夫にするにはどうすれば良いのか?

 

サラサラ部長が解説します。


血管を保護する栄養を摂る

サラサラ部長

 

意識的に毎日血管を保護してくれる栄養素を摂ることは非常に重要です。

 

バランスを考えて食事する必要があるという事ですね。

 

忙しいからと言って、毎日カップラーメンや菓子パンでは栄養バランスが悪いのはお分かりですよね?

 

コンビニ弁当や出来合いのお惣菜などは、カップラーメンに比べると良いかもしれませんが、添加物が多いので出来るだけ自炊するようにしましょう。

 

そして、血管を丈夫にするために良い栄養素ですが、これはビタミン類が有名です。

 

ビタミン類を積極的に摂取しているからと言って100%発病を防止できるという訳ではありませんが、その確率を下げることができます。

 

ビタミン類は野菜や果物に多く含まれいるので、比較的簡単にとれますが、野菜嫌いな方や手間がかかって面倒臭いなという方には、手軽に取れるサプリメントがいいでしょう。


 

継続的に運動を行う

サラサラ部長

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、運動を継続することによって血管を強くすることができます

 

運動をすると心臓が激しく鼓動し、血圧は一時的に上がってしまいます。

 

息が上がって辛いですよね。ですが非常に良い結果を体にもたらしてくれるのです。

 

例えるなら、古くなっていたカチカチのゴムを新しく取り替えるような事が血管に起こるのです。

 

つまり、血管にまるで新品のゴムのような柔軟性が復活してくるという事ですね。

 

結果的に破れる危険性は少なくなりますし、心肺機能を高めるので高血圧状態を解消できるのです。

 

運動を取り入れるに当たって大切なことは、とにかく継続すること。

 

脂肪も燃焼できるので、ダイエットにもなり一石二鳥ですね。


 

ストレス解消をする

サラサラ部長

 

病は気からという言葉があるように、精神状態が身体の状態と大きく関わっていることが分かっています。

 

現代はストレス社会とも言われますが、過度なストレスは確実に血管を傷つけてしまいます。

 

ストレスを受けると、活性酸素が出てしまいますし、悪玉コレステロール値の上昇などにも繋がってしまい、血管にとって良くないです。

 

ストレスと無縁の生活を送るのは難しいですが、できるだけストレスを溜めないように発散できるものを見つけると良いでしょう。

 

しかし、飲酒や暴飲暴食は余計に体に負担がかかるのでダメですよ!

 

出来ればスポーツや心から楽しめる趣味などでストレス解消してくださいね。


 

高血圧状態を回避する事も重要

サラサラ部長

 

高血圧は血圧が高い状態のことですが、それだけ血管にかかる負担は大きくなります。

 

高血圧の状態が続いてしまうと血管が破れてしまったり、命の危険に関わる重大は症状が起こってしまいます。

 

『じゃあ低血圧ならいいの?』と言うとそうでもありません。いわゆる適性値を維持することが一番大切になります。

 

高血圧を防ぐには様々な方法がありますが、食生活では不規則な食事や過度な塩分の摂取を控えると良いですね。

 

また、少し力を入れた瞬間や立ち上がった瞬間なども、一瞬血圧がグッと上がってしまうので、なるべく急な動きをしないことが血管を守ることに繋がります。

 

サプリメントで栄養不足を補いながら、日常生活を少しずつ改善するのがベストでしょう。


健康診断で数値がやばい・・・!
そんなときは⇒サラサラ部長の血液サラサラサプリ比較人気ランキング!