血管年齢若返り方法

血管年齢若返り方法とは? サラサラ部長が解説!

毛細血管

 

サラサラ部長

 

血管年齢とは現在の血管の状態を調べ、その状態を一般的な水準に当てはめてチェックしたものです。

 

実年齢よりも10歳以上高いと、生活習慣病リスクが高くなります。

 

このページをご覧頂けているという事は、ギクッと来た方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実は血管年齢は、ちょっとした心がけで若返りを図ることができますので、ぜひ実践しましょう。


血管年齢と食生活の関係とは?

サラサラ部長

 

動脈硬化の原因は、悪玉コレステロールが血管に付着することです。

 

お酒や動物性脂肪、トランス脂肪酸などを摂取することで、体内で悪玉コレステロールがどんどん作られてしまいます。

 

毎日のストレスが多い方や、仕事の後の一杯を生きがいにしている方も多いでしょう。

 

しかし、皮肉なことにその一杯と脂っこい食事が血管年齢を上昇させているのです。

 

食生活を改め、悪玉コレステロールを作らないことが血管年齢若返りへの近道と言えますね。

 

また肥満で中性脂肪が多くなることも動脈硬化を進行させますので、注意が必要です。

 

まずは、お酒や食べること以外でのストレス発散方法を見つけてみましょう。


 

まずは食べ物から血管年齢にアプローチ

サラサラ部長

 

食生活の改善で血管年齢は若返りますし、その他の部分でも健康維持に効果があります。

 

カンタンな所で言えば、魚を食べる事ですね。

 

魚を食べると、血管年齢の若返りに効果があると言われています。

 

また、魚に含まれているDHAやEPAは血管年齢対策だけではなく、中性脂肪を減らしてくれるという事もありますので、食べないと損なぐらいですね。

 

よく言われている事ですが、野菜を食べることも重要です。

 

一日に必要な野菜の量は350グラム以上とされ、生野菜の場合はかなりの量になりますが、火を通すことで随分と量が減りますので、料理の工夫をしてみましょう。

 

満腹感が得られれば食べ過ぎを抑えることができますし、野菜に含まれる食物繊維はコレステロールの吸収を軽減してくれます

 

体臭の改善や美容にも効果がありますよ!


 

無理のない運動も重要

サラサラ部長

 

休日や帰宅後に、30分程度のウォーキングを週に何度か行うだけで血管年齢の若返りに効果があります。

 

あくまでも無理はせず、心地よい程度の運動が健康を増進させます。

 

ちなみに、過度な激しい運動は、血管に負担をかけることから逆効果になる事もありますので注意して下さい。

 

適度な運動は血管若返りだけではなく、中性脂肪も減少しますので、いい事尽くめですね。

 

普段オフィスワークをしている人は、フロアの昇降に階段を使うことや、買い物に徒歩で行くことを心がけましょう。

 

天気の良いときに外を歩くのもオススメです。心地良いものですよ。

 

繰り返しにはなりますが、特にご高齢の方は、ハードな運動は控えることです。

 

高血圧の方がハードな筋トレを行い、脳出血になった事例も実際に起こっていますので注意が必要です。

 

元気な老後を目指すのは良いですが、気合を入れすぎないようにしましょう。


 

血管年齢と病気の関係とは?

サラサラ部長

 

全身を巡る動脈は栄養素や酸素を運んでいます。

 

血管がしなやかに形を変え動くことでスムーズな血流を発生させていますが、血管年齢が上がると血管壁が分厚くなり、血液が流れる部分が狭くなります。

 

慢性的に血流が不足することで脳や内臓の働きに影響をきたすようになっていきます。

 

しかし、血管壁が厚くなる過程では自覚症状がありません。これが厄介なのです。

 

血管が破れたり、詰まったりすることで脳卒中や心筋梗塞が進行し、取り返しのつかない状態になって初めて重篤な症状がいきなり発生するのです。

 

自営業の方など、定期的な健康診断を受けていない方は発見が遅く、大きなリスクを抱えていると言えるでしょう。

 

手軽な所からはじめたい方は、サプリメントがオススメですよ。