血液が濃い=血液ドロドロ?

血液が濃い=血液ドロドロ?これどういうこと? サラサラ部長が解説!

血液が濃い

 

サラサラ部長

 

ドロドロの血液をサラサラにする、なんて健康食品を目にすることが増えてきましたが、そもそも血液がドロドロっていったいどのような状態なのでしょうか。

 

また血液が濃くなる原因についても詳しく見ていきたいと思います。


血液がドロドロの状態とは?濃いとは違うの?

サラサラ部長

 

体内の血液は実際に目で確認することができない為、状態を把握しにくいですよね。

 

「血液がドロドロ」といわれる状態は、白血球や赤血球、血小板のバランスが悪く、質が悪化したり異常が起こっている状態です。

 

そして「血液が濃い」という状態は、赤血球の数が多くヘモグロビン濃度の高い状態を指します。ちなみにこの状態も血液ドロドロになりますので、注意が必要です。

 

つまり、血液の成分バランスが平常時と比べて悪くなると血液の流れが悪くなり、結果、「ドロドロ」になっているということなのです。

 

このままの状態を放置すると健康バランスを崩すだけでなく、最悪の場合は心筋梗塞や脳梗塞など命を落とす危険性もあります。

 

血液はサラサラに流れてる状態が健康といわれていますので、血液が濃い状態にある場合は早期対策を取ることが必要ですね。

 

血管内で流れが悪くなると毛細血管を傷つけ、ふさいでしまうこともあります。


 

なぜ血液はドロドロに?原因は?

サラサラ部長

 

血液がドロドロになる原因は、ひとつだけではありません。主な理由としては食生活の乱れが関係しています。

 

油っぽい食べ物や炭酸飲料やケーキなどの糖質が多い食べ物が好きな方は、血液中の中性脂肪が増え血液がドロドロになってしまいます。

 

さらに運動不足が続くと体内に蓄積された糖分や脂肪が増加し、そのほかの老廃物とともに排出しにくくなってしまうのです。

 

他にも気が付きにくい日頃のストレスも血圧が上昇する要因になりますし、飲酒や喫煙も体内の活性酸素を増やし血液の老化が進んでしまいます。

 

また水分補給が十分でない場合も、血液中の老廃物が濃くなりドロドロになる要因です。

 

このような生活習慣が少しずつ継続されることで、体内の血液は質が悪くなってしまうのです。


 

ドロドロ血液内で起こっていることは?

サラサラ部長

 

ドロドロ血液内では赤血球が増え、血液中の液体成分が減るため、スムーズに流れなくなります。

 

またメタボや水分不足になると血小板が固まりやすくなる傾向があります。

 

白血球はドロドロ血液内では血管に付着しやすくなりますので、血液の流れを悪くし免疫機能が減少する場合もあります。

 

このようなドロドロ血液はあらゆる健康障害を招く原因になり、特に血小板に異常が出ると命を脅かす心筋梗塞や脳梗塞へと進んでしまいます。

 

普段あまり水分補給をしない人、肉料理が好きな人、お酒を習慣的に飲む人は血液の粘着性が多くなりサラサラに流れない原因となってしまいます。

 

少しずつでも悪しき生活習慣を改善し、ドロドロ血液からサラサラ血液を目指しましょう。


 

健康診断で数値がやばい・・・!
そんなときはサラサラ部長の⇒血液サラサラサプリ比較ランキングをチェック!