【ナットウキナーゼ】の効果と効能について | サラサラ部長が解説!

【ナットウキナーゼ】はドロドロ血液をサラサラに? サラサラ部長が解説!

納豆

 

サラサラ部長

 

納豆を食べると血液がサラサラになるという事が、民間療法ではなく研究者レベルでも明らかになってきました。

 

納豆にのみ含まれている「ナットウキナーゼ」という成分には、血栓を分解し、コレステロール値を下げる効果がある事がわかったのです。

 

心筋梗塞や脳梗塞の予防に繋がるナットウキナーゼ。

 

そんなナットウキナーゼについて、もっと詳しく解説したいと思います。


ナットウキナーゼってどんなもの?

サラサラ部長

 

納豆にのみ含まれる「ナットウキナーゼ」は1925年に日本の教授によって発見されたタンパク質分解酵素です。

 

1980年になって「ナットウキナーゼ」と名付けられ、一気に知名度を上げました。

 

納豆のネバネバに含まれている物質で、血液が固まって出来る血栓を溶かし、血栓を溶けにくくする物質を分解する役割を持っているのです。

 

ナットウキナーゼは血栓を作っている物質「フィブリン」に直接作用し、これを分解します。

 

また血栓溶解酵素である「ウロキナーゼ」や「プラスミン」を活性化させる働きや、血栓を溶けにくくする物質PAI-1を分解する働きも持っています。


 

ナットウキナーゼとコレステロールの関係

サラサラ部長

 

ナットウキナーゼには血栓の分解に役立つ効果のみではなく、血中コレステロールの上昇を抑える働きがある事が分かっています。

 

血中コレステロールの増加は高脂血症の原因となります。

 

血管にコレステロールや中性脂肪が溜まっていくと動脈硬化を引き起こし、血液がスムーズに流れなくなってしまいます。

 

血管が狭くなったり詰まってしまうと、血栓症や心筋梗塞、脳梗塞などの原因となり、死亡に繋がる危険性もあります。

 

ナットウキナーゼはこうした血液の状態を良くする素晴らしい効能を持っているのです。


 

そもそもナットウキナーゼで得られる「血液サラサラ」って何?

サラサラ部長

 

少しココで血液サラサラについておさらいしておきましょう。

 

血液中には、赤血球、白血球、血小板が存在しています。

 

これらの物質が血液中に溜まったり壁を作ることなく、順調に流れている状態が血液サラサラと呼ばれるものですね。

 

逆の状態は皆さんが恐れるドロドロ・・・そんな血液がドロドロになる原因には様々な要因があります。


 

サラサラ部長

 

例を挙げると、夏場に多い熱中症では血液中に流れる水分が不足するので血液ドロドロを引き起こします。

 

また、血液ドロドロの有名どころで言えば糖尿病ですね。

 

糖尿病になると赤血球が柔軟性を失って硬くなり、狭いところを通り抜けられなくなって溜まりやすくなってしまうのです。

 

他にも身近な所で言えば、風邪です。
風邪などの病気にかかると粘着性をもつ白血球がウィルスと戦うため増殖し、血流が悪くなる事があります。

 

恐ろしいのは、コレステロール値が上昇すると血液の高脂血症を引き起こし、ドロドロになって血管を詰まらせやすくなる事ですね。

 

随分驚かせてしまったので、次はサラサラ効果のあるナットウキナーゼを効果的に摂取する方法をご説明しましょう。


 

ナットウキナーゼを効果的に摂取するには?

サラサラ部長

 

ナットウキナーゼを摂取する方法には2つあります。

 

納豆をそのまま食べる方法とサプリメントを利用する方法ですね。

 

納豆なら一日1~2パックを目安に摂取すると良いでしょう。

 

ナットウキナーゼは熱に弱く胃酸で分解されるため、空腹時は避け熱いものと一緒に食べない事をオススメします。

 

血栓が出来やすいのが夜であることから、夕食に取り入れると良いですね。

 

古くなるとナットウキナーゼの効果が弱まりますので、新しいうちに食べるよう心がけてください。

 

最後になりましたが、サプリメントを選ぶ時には血液凝固作用のあるビタミンKが除かれたものを選ぶとより効果的ですよ。


 

■当サイトで一番人気のナットウキナーゼ入りサラサラサプリはこれ
きなり

 

きなり

 

口コミで大人気のEPA・DHAサプリメントです。フレッシュな状態を体に届けるために、抗酸化作用が強いアスタキサンチンを使っている事が特徴です。更にサラサラパワーのナットウキナーゼも配合されています。

 

>>【きなり】の効果や口コミ

 

血液がドロドロで困ってる・・・
サラサラ部長の血液サラサラサプリおすすめランキングをチェック!