オメガ3で血液サラサラ効果は期待できるのか?

オメガ3で血液サラサラ効果は期待できるのか? サラサラ部長が解説!

サバ等の青魚

 

サラサラ部長

 

まず始めに解説しておくと、オメガ3とはオメガ3脂肪酸の事です。

 

このオメガ3脂肪酸は、人間の体では作る事ができないので、食べ物などから摂取する必要があります。
必須脂肪酸という部類ですね。

 

オメガ3脂肪酸は血流を改善して血液をサラサラにしたり、コレステロール値や血圧を低下させる働きもあるので、以前から非常に注目されている成分なのです。

 

それではオメガ3の凄さについてサラサラ部長が解説して行きます。


オメガ3で血液がサラサラになる理由とは?

サラサラ部長

 

オメガ3脂肪酸はDHAやEPA、DPAなどの総称を言います。

 

これらは魚の油に多く含まれている脂肪酸で、現在では様々な健康効果がある事が分かっています。

 

そのうちの1つが血液をサラサラにする効果という訳です。

 

オメガ3脂肪酸が細胞膜に取り込まれると、細胞膜の流動性を高める効果があるので、結果として血管がしなやかになります。

 

また赤血球を柔らかくしたり、血液の粘度を下げる効果もあるので、これらの働きが総合的に血液を流れやすくしてくれるという訳ですね。

 

更にオメガ3脂肪酸には、血小板が血管の中で固まってしまうのを防ぐ効果も持っています。


 

まだまだあるオメガ3脂肪酸の凄さ!

サラサラ部長

 

オメガ3脂肪酸には、血液の中にあるコレステロールや中性脂肪を減少させる働きがあります。

 

ここで注目したいのが、悪玉コレステロールとも呼ばれるLDLコレステロールですね。

 

LDLコレステロールは人間の体に欠かせないものですが、増えすぎると血管の中に残り、困った事に血液をドロドロにしてしまいます。

 

そんな血管の内面にへばりついたLDLコレステロールを、オメガ3は引きはがしてくれるのです。

 

更にオメガ3がすごいのは、"そのまま血管の中に残る"という所。

 

血液をサラサラにする効果をそこで発揮し、コレステロールの回収をスムーズにしてくれるという事ですね。


 

血液サラサラの嬉しい効果とは?

サラサラ部長

 

オメガ3の働きでドロドロの血液がサラサラになると、どのような嬉しい効果があると思いますか?

 

それは、血液がサラサラになると血栓が出来にくくなるので、脳疾患や心疾患のリスクを下げる事ができるのです。

 

また血流が良くなることで代謝が上り、ダイエットにも効果が出るようになると言われています。
いい事尽くめですね。

 

更に最近では、オメガ3には炎症を抑制する効果もある事が分かってきました。
これによりアレルギー抑制にも期待されています。

 

また脳や神経を活性化させる効果もあるので、うつ病の改善や記憶力、学習効率の上昇なども期待できます。


 

オメガ3を摂取するときの注意点とは?

サラサラ部長

 

オメガ3脂肪酸は、エゴマ油や亜麻仁油などの一部の植物油や、イワシやサバといった青魚の油に多く含まれています。

 

『よ~し!じゃあ明日からエゴマ油で炒め物を作ろう!』実はこれがNGなのです。

 

なぜなら、オメガ3脂肪酸は熱に弱い性質があるので、加熱調理に使用するには向かないのです。

 

ですので、ドレッシングとして使用したり、マリネに使ったりするのが効果的です。

 

青魚から摂る時も、オメガ3脂肪酸を目的にするならお刺身などで食べるのが良いですね。

 

またオメガ3脂肪酸は酸化しやすいという弱点もあるので、家庭用として購入したらなるべく早く使い切ることが大切です。

 

お得だからと大きいサイズを買わず、小さいサイズの商品を選ぶのが良いでしょう。

 

手軽にオメガ3を摂取したい場合は、サプリメントもオススメです。

 

血液サラサラが目的なら、サラサラ部長の血液サラサラサプリ人気ランキングもチェックしてみて下さいね。