【生姜】の効能で血液サラサラになる!?

生姜の効能で血液はサラサラになる? サラサラ部長が解説!

生姜

 

サラサラ部長

 

スーパーで販売されている生姜。

 

この生姜ですが実はコレステロールを減少させる他、血液をサラサラにしながら血管年齢を10歳以上も若返らせる効果のある健康食品と言われています。

 

そんな生姜は食品にも関わらず「副作用」という症状があることをご存知でしたか?

 

これから生姜の良い所から悪い所まで、全貌をご紹介したいと思います。


生姜の成分は健康な身体へと導いてくれる近道

サラサラ部長

 

生姜には身体の不調を改善してくれる4つの成分(ジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロン・精油)が含まれています。

 

この4つの成分はそれぞれ生で摂取すれば免疫細胞を活性化し、吐き気や頭痛を抑えてくれる作用がある他、抗炎症作用など様々な働きをしてくれます。

 

その中でもジンゲロンは血圧を安定化させるだけでなく、脂肪燃焼や発汗作用などの効果があるため、ダイエットや生活習慣病予防に効果を発揮します。

 

精油成分についても、大半の女性が悩んでいるむくみを解消してくれます。

 

このように生姜の成分を取り上げてみると、健康的な身体へと導いてくれる成分が豊富に含まれているといえます。


 

酢生姜で悪玉コレステロールが減少、血管年齢が若返る!

サラサラ部長

 

皆さん、「酢生姜」というのは聞いたことがあるでしょうか?

 

酢生姜は健康な身体へ導いてくれるだけでなく、悪玉コレステロールを減少させる効果があると言われており、その話題がTVでも紹介されています。

 

実際に紹介している番組に出演している芸能人が酢生姜を検証したところ、血管年齢が10歳以上若返ったという結果が出たようです。

 

このような検証結果が得られたので、健康診断の血液検査の結果で問題が生じた場合は、酢生姜を食べると改善するかもしれません。

 

材料は主に「ひね生姜・酢・はちみつ」で、分量ははちみつ以外は全て100gなので作りやすいですね。
はちみつは大体50gぐらいで一日漬けこむだけです。

 

でもそんな生姜でも副作用もあるのです。


 

生姜は食品でも副作用がある!?

サラサラ部長

 

これまで生姜の成分や効果など様々なメリットをご紹介してきました。

 

しかし、生姜は健康的な身体へと導いてくれる反面、副作用といったリスクも伴ってきます。

 

食品なので規定量で食べる分なら問題はないのですが、症状をもよおしてしまう方も中にはいらっしゃいます。

 

妊娠中の方にとって生姜はつわりにも良いとされているのですが、過剰摂取すると流産の危険性があるので注意しましょう。

 

また、冷え性の方にとって生姜は身体を温めてくれる作用がありますが、生の生姜の場合は例外でさらに身体を冷やしてしまう原因になります。

 

そんなとき身体を温める効率的な飲み方として、生姜自体を加熱させるか乾燥させた粉末やサプリで飲むことをオススメします。


 

摂取方法と保存方法

サラサラ部長

 

生姜はサプリメントとしても摂取が可能ですが、サプリメントの場合だと商品の摂取量を守ることや継続的に摂取していく事が重要となります。

 

サプリメントは生の生姜と比較すると成分が減少することはありませんが、口に入れるものなので、製造元が信頼できる会社で生産工場が日本の製品にしなければいけません。

 

風邪をひいた時は生の状態で生姜を摂取する方が良いのですが、サプリメントと違い成分も空気に触れる事により減少してしまいます。

 

そうならない為にも使い終わった生姜は水に浸して保存するか、すりおろして冷凍保存することをオススメします。

 

今人気で、信頼できる生姜サプリメントを掲載しておきますね。
人気の『美めぐり習慣』はこちら


健康診断で数値がやばい・・・!
そんなときは⇒サラサラ部長の血液サラサラサプリ比較人気ランキング!